しみず動物病院 Information

千葉県鴨川市 しみず動物病院のおしらせブログです。

【7/18】サーバー工事に伴う一時ご利用停止のお知らせ

下記日時におきまして、当サイトのシステムのバージョンアップ工事があり、
ホームページの閲覧ができない時間帯が発生いたします。
皆様にはご不便をおかけいたしますが何とぞご了承ください。

 

1. 工事予定日時:
2024年7月18日(木)20:00 ~ 翌6:00まで

2. ご利用不可時間:
上記時間内で1時間程度

 

以上よろしくお願い申し上げます。

 

 

【重要】 新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう業務縮小のお知らせ

この度、院長の同居家族に新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認され、院長が濃厚接触者に該当、3月9日に新型コロナウイルスの感染が確認されたため3月19日まで院長不在となります。なお、院長を含むご家族全員の症状は、現在回復に向かっており、経過は良好とのことです。

 

また、保健所との連絡が取れ、幸い当院スタッフに濃厚接触者はいないため、院内の消毒後、業務の再開に支障はないとの指示を受けております。そこで、当院では院長不在の3月19日まで、以下のごとく、業務を縮小した時短営業をすることとなりました。皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

 

  • 時短営業 午前9:00〜12:00まで 午後16:00〜18:00まで
  • 代診獣医師による手術以外の診療
  • トリミング業務は3月14日から再開
  • テレワーク診療による、院長の診察は可能

 

今後の診療については随時更新して参りますが、皆様には多大なるご不便とご迷惑をおかけいたしますこと、ご容赦とご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

しみず動物病院 院長 清水 篤

【重要】 新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう臨時休診のお知らせ

 この度、院長の同居家族に新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認され、院長が濃厚接触者に該当するため、本日(3月8日)より3月18日の10日間、院長不在となります。

 

幸い病院スタッフには濃厚接触者はおりませんが、飼い主様には当然のご懸念がおありのことと存じます。現在、保健所の指示を待っている状態ではありますが、当院では以下の対応を取らせて頂く予定です。

 

  • 病院清掃のため3月10日まで臨時休診
  • 3月11日より、お薬のみの処方を再開
  • スタッフ全員のPCR検査を実施(現在実施中)
  • スタッフ全員が陰性であった場合、14日よりオペをのぞく簡単な処置などの診療の再開

 

飼い主様が不安を感じることがないよう、院内の消毒を実施してからの診療の再開となるため、3月10日までは臨時休診とさせて頂きます。今後の診療については随時更新して参りますが、診療再開後も、従業員全員が一丸となり感染予防対策を徹底しながら営業していく所存です。皆様には多大なるご不便とご迷惑をおかけいたしますが、「万が一」がないよう、万全を期しての診療再開ができるまで、ご理解とご容赦のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

なお、電話対応は行っておりますので、何かありましたらご連絡頂ければ、できる限りの対応をさせて頂きます。

 

しみず動物病院 院長 清水 篤

どうぶつと暮らそう④

 たまたま飛び込んできた記事が目についたので、房日新聞に久しぶりにコラムを書かせて頂きました。コロナ禍でペットを飼う家庭が増え、どうぶつ達と人との距離感が少し変化しているような気がします。これからも、どうぶつと人とが楽しく暮らせる毎日を応援して行きたいと思います。

 

マイクロチップは転ばぬ先の杖?

 

 今朝、インターネットのニュース記事を飛ばし読みしていると“コロナ禍の英国、癒やし需要につけ込む「犬泥棒」激増”と言うショッキングな見出しの記事が飛び込んできました。コロナ禍のイギリスでは昨年からロックダウンで外出が減り、自宅でペットに癒やしを求める人が増え、犬の飼育頭数が増えているようで、それにともない犬の価格も高騰し、そこにつけ込んだ犬の盗難被害がかなり増えているそうです。さらにニュースでは盗難された犬のうちマイクロチップを入れていた犬の一頭は、飼い主の元に戻ってきたそうですが、犯人がマイクロチップを取り出そうとして失敗したため、ひどいケガを負っていたと続きます。また、このような盗難事件によって盗んだ飼い犬を繁殖に利用したり、身代金や保護の謝礼金を要求したりする事例にまで発展しているそうで、本来癒やしとなるペットがコロナ禍において犯罪に巻き込まれていることに不安を覚えます。そして、このニュースは、同様にコロナ禍においてペットブームを迎えている日本のペット業界においても起こりえる身近な問題でもあり、昨年の6月に改正された動物愛護法に係わるマイクロチップと言うキーワードを含んだ事例でもあったため、久しぶりのコラムのテーマとして取り上げさせていただきました。

 今回ニュースの舞台になったのはイギリスですが、既にイギリスでは日本に先立って犬猫へのマイクロチップの埋め込みが義務化されています。マイクロチップとは、動物の個体識別を目的とした、15桁の固有の番号が書き込まれたICチップを内蔵した1cm程の小さなカプセルで、犬や猫の皮下に埋め込んで使用します。この固有の番号は埋め込まれた個体特有のもので、日本では、その個体の性別や犬種、生年月日、登録者の住所氏名などのデータを動物ID普及推進会議(AIPO)という所で管理をすることで、AIPOに問い合わせればすぐに飼い主が特定できるようになっています。ご存じの方もいるかもしれませんが、日本では2019年6月の動物愛護法の改正により、すべての犬猫へのマイクロチップの埋め込みが義務化されました。ですが、向こう3年間は努力義務という形で、現在までにマイクロチップが入っていない犬猫は必ずしも入れなければならない訳ではありません。今は、ペットショップから販売されるほぼ全ての犬猫はマイクロチップを装着して販売を行っていると思われますが、発令から3年目を迎える来年2022年の6月からは、新しく飼育する全ての犬猫への装着が徹底される予定です。このマイクロチップ義務化の背景には、脱走などの行方不明、違法な放棄や遺棄、悪質な虐待や繁殖、保健所に保護された後の殺処分を減らすことなどを目的としています。例えば、災害などで行方不明になり保健所に保護された際に、マイクロチップが装着してあれば、個体番号から飼い主を特定し連絡を取ることが可能になります。冒頭のイギリスの事件に戻りますが、マイクロチップを実際に取り出されてしまった場合は、残念ながら犬を追跡することが出来なくなります。ただ、今回のように取り出されなければ飼い主の元へ戻ってくる可能性もあるので、盗難などの一定の抑止力に繋がるものと考えられます。また、日本でもイギリスと同様、コロナ禍でペットを飼う人が増えているとの報告もありますが、全ての飼い主が良心的な訳ではなく、飼ってみたら思っていたのと違った、経済的な理由からなど、残念ながら不法に放棄や遺棄する飼い主も増えているようです。マイクロチップの装着は飼い主の特定に繋がるため、こうした行為を未然に防ぐことにもなります。

 今のところマイクロチップが装着されている動物はペットショップから購入された犬猫がほとんどですが、動物病院ですぐに装着することが可能です。もし装着を迷っている方がいましたら、かかりつけの獣医師と相談の上、迷子や盗難の被害の防止など、動物愛護の観点からも装着を検討して頂ければと思います。また、日本にも訪れたコロナ禍でのペットブームですが、ペットを迎えるという事はそのペットに対して責任が発生することでもあります。安易にペットを飼うのではなく、家族としてその子の面倒を生涯にわたって見ることが出来るのか、きちんと判断した上で、ペットとの充実した日常を送っていただければ幸いです。

しみず動物病院 院長 清水 篤 (2021年2月14日 房日新聞に掲載)

 

Second Anniversary!!

おかげさまで2周年!!

 

 本日2月12日で、しみず動物病院はおかげさまをもちまして移転してから無事2周年を迎えることが出来ました。これもひとえに当院を信頼し、通って頂いている皆様のおかげだと感謝しております。そして、これからも地域の皆様や動物たちのために、最新の知識に基づいた医療と、ペットと楽しく暮らすためのアドバイスを提供していければと思っております。

 

2年目をふりかえって

 昨年一年をふりかえり、当院で新しく始めたことの一つに犬のパーソナルトレーニングがあります。初めて犬を飼われる方、しつけでお困りの方などいらっしゃいましたら、ぜひご相談下さい。犬との信頼関係を築くためのきっかけ作りや、楽しいペットライフのお手伝いが出来ると嬉しいです。

 パーソナルトレーニングを通じて、あらためて当院の2面ドッグランの便利さを実感しています。犬同士の接触やドッグランに慣れていないわんちゃんたちも、まずはフェンス越しならケンカなどの危険もなく一緒に遊ぶことが出来ます。慣れてきたらお互いを会わせてみたりと、とても有意義な使い方が出来ることを発見しました。

 広くなった手術室のおかげで今まで以上に高度な外科手術の対応が可能になりました。手術件数も年間300件近くなり、特に千葉県内でもまだまだ普及率が低い耳科用内視鏡(ビデオオトスコープ)に関しては近隣からの紹介も少しづつ増えております。難治性の外耳炎や中耳炎、耳道内異物や腫瘍など様々な耳科疾患に対応することが出来ます。また、難しい外科手術についても、外科専門医をお呼びして手術対応が出来るような体制を整えております。セカンドオピニオンも含めぜひご相談下さい。

 トリミングサロンは新たに1名のトリマーに常勤してもらえることになり、全営業日でのトリミングの受付が出来るようになりました。医療用高濃度炭酸泉によるスキンケアや、様々な皮膚疾患に対応したメディカルトリミングをこれからもぜひご活用下さい。

 

まだまだ、ご紹介したい事はたくさんありますが長くなりすぎてしまいますので、これから少しずつご紹介させて頂ければと考えております。3年目を迎えたしみず動物病院をどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

院長 清水 篤

 

 

 

久しぶりにコラムのご紹介です!!

動物も体調を崩しやすい時期ですので気をつけましょう。

新しく発行されたKamoZineにコラムが掲載されています。今年はコロナ禍でKamoZineの発行が不定期になったりしていましたが、無事に今年最後のKamoZineが発行されて良かったです。年末の忙しい時期ですが、急な冷え込みで体調を崩す犬猫が多いように感じていますので、ちょっとした変化でも心配なことがあればご相談いただければと思います。

早いようでKamoZineにコラムを掲載させてもらってから丸4年が経過しました。まだまだ、コラムというものを書き慣れないですが、少しでも皆様のお役の立てるようにこれからも書き続けて行ければと思います。

 

f:id:shimizu-camc:20201225103837p:plain

KamoZine2021新春号

 

年末年始のお知らせ。

今日から12月です。
朝夕の冷え込みがだいぶ厳しくなってきました。
 
年末年始のお知らせです。
年内の診療は30日の午前中までとなります。
年明け2021年は1月4日より通常診療となります。
年末は業者もお休みになりますので、処方食などのご注文は早めにご連絡を下さい。
また、緊急時の対応はしておりますので何かお困りのことがありましたらご連絡を下さい。
 
2021年は丑年です。
良い年になりますようにとただただ願うばかりです。

f:id:shimizu-camc:20201201175342j:plain